タイトルイメージ

新着情報

一覧を見る

画像:外壁塗装の世直し

施工せず中抜きし工事価格を上げさらに
下請けを叩く会社を許しません

ペイント侍は職人たちだけでやっています。余分な中間マージンを挟まないため、質の良い物で手間を惜しまず施工できます。
見積比較サイトや訪問販売会社と同じ価格でも、手間のかけ方が2倍位違うと思いますので数年後の美観、耐久性が全然違います。
契約をとりたい営業マンは値段を安くして提案することがよくあります。
あまりにも安い値段で契約した結果、下請けである職人さんに、しわ寄せがきてしまいます。そのような下請け、孫請けの職人さんたちも家族を養っていかなければならず、手抜きせざるを得ないケースもあるようです。
ペイント侍はそのような会社を許しません。お客様に喜んでもらうため、下請けに丸投げするようなことをしません。

今なら、足場代無料、モニター募集と言って
お客様を焦らせだます会社を許しません

足場代無料と言っても、足場を立てるには実際約20~30万円程度かかります。この費用が現場が近いからと行って半額になることはありません。必ず価格に反映します。巧妙に顧客心理をついているものです。
また、「こちらのエリア限定でモニターを募集していますので、今なら破格の金額で外壁塗装を行なうことができますよ」というのも、人間は「モニター価格」という言葉に弱いのを利用したものです。このような不誠実な業者をペイント侍を許しません。

お客様にわからないからとメーカー規定より
薄く塗ったりする業者を許しません

塗料には様々な種類がありますが、全ての塗料には基本塗布量があり、外壁1 平方メートルあたりの使用量がメーカーによって規定されています。メーカーの提示よりも少ない塗布量で塗装を行うと、塗膜が薄くなってしまい、外壁の耐久性を確保することができなくなります。本来なら10年はもつべき外壁塗装が2~3年で剥がれてくるなどのトラブルが発生してしまいます。規定以上の希釈率で塗料を薄めることは、業者にとって利益になります。塗料を薄めると少ない塗料で多くの面積を塗ることができるうえ、塗料の粘りも弱くなるので早く塗ることができます。材料費も人件費も安くすることができるので、業者の利益につながります。しかし、当然お客様に御迷惑がかかります。ペイント侍はこのような業者を許しません!

堺市南区H様邸

画像:堺市南区H様邸
画像:連絡先
画像:メールリンク